こんにちは。Naoです。

今回は風水を始めるうえで基本となる「五行」という考えについてお伝えしますね。

この「五行」という考えをしっかり理解すると、生活に風水をとっても取り入れやすくなりますよ♪

五行とは?

中国では古来より、自然の中に存在するものはすべて「陰と陽」のどちらかに、そして「五行(水・木・火・土・金)」のいずれかに分けることができる、と考えられてきました。

これを「陰陽五行説」といいます。

たとえば体の臓器、味、色、方角、干支・・・などなど。

そしてそれぞれの五行は

お互いに生かしあう相生(そうじょう)という関係

弱めあう相剋(そうこく)という関係

があります。

風水ではその場所や方角が持つ五行がよりよくなるように、環境を整えることを大切にしています。

 

五行の意味と関係

それぞれの五行の持つ意味と関係をまとめました。

そのまま、水を意味します。水は金属の表面から生まれます。また水は木を育てます。したがって水と金・木は相生の関係となります。また土は水を汚すことから土と水は相剋の関係になります。

植物や木を表します。木は水によって育てられ、木は火を生み出します。したがって木と水・火は相生の関係です。また、木は金属によって傷つけられるため、木と金は相剋となります。

火・炎を表します。火は木から生み出され、土を作ります。よって火と木・土は相生の関係です。水は火を消すので火と水は相剋となります。

大地、土を表します。火が土を作り出し、土から金属が生み出されます。土と火・金は相生の関係です。逆に木は土から養分を奪うので土と木は相剋の関係となります。

金属、もしくはゴールドを表します。金は土から生まれ、金属の表面に水が生まれます。よって金と土・水は相生の関係です。逆に火は金属を溶かすため火と金は相剋の関係です。

これらの関係を図にまとめると下の図のようになります。

五行相関図

五行の関係

 

五行と色

そしてもう一つ、五行と色についてもまとめておきます。

色は生活にとても取り入れやすいです。インテリアや宝石、洋服などを選ぶ際に大切になってきます。

 黒、濃い青

 緑、青

 赤、紫、ピンク

 オレンジ、茶色

 金色、白

となります。

薬膳料理では5色の食材を毎日食べると病気にならない、と言われます。

その5色とは・・・そう、五行の5色です。

いかに五行がさまざまな分野に浸透しているかわかりますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事